スマホを持っている人は多い

折りたたみの携帯電話などを持っていた人たちが、機能性が良いスマホに乗りかえるなどしてスマホを持っている人は多いです。

新品と中古スマホのメリットを比べよう

見た目の良さ

新品のスマホは未使用であるので、端末の状態はとてもいいです。しかし中古スマホは使用されていたものなので、液晶などに傷があることがあります。

値段の安さ

新品スマホの多くは、端末代金が高いです。中古スマホであれば、代金も比較的安く手に入れることが可能です。

中古なら販売が終了しているものも手に入る

中古スマホの多くは買い替えなどで古くなったものが売られたもので、すでに販売が終了した機種でも扱っていたりします。

中古スマホを買うときのポイント

スマートホン

ネットワーク制限を確認すること

元の所有者が端末代金を完済していない場合、ネットワーク制限がかかる可能性があったりすでにかかっていることがあります。その場合、ネットワークの利用ができないので、制限がかかっていないものを選ぶ必要があります。

スペックを確認しましょう

中古スマホを購入する際には、SIMカードのサイズやOSのバージョン、メモリなどをしっかりと確認することが大切です。SIMカードは大きさが違えば使うことができず、OSも古いとセキュリティの心配があるので注意しましょう。

液晶も重要です

角や背面などが傷ついているのならいいですが、液晶が傷ついていると画面が見ずらいです。ストレスなく利用するためにも、傷はなるべく少ない方が安心です。

バッテリーの持ちは運次第です

前の所有者がどのように使用していたのかにより、バッテリーの持ちは変わってきます。これは販売店でも調べることはほとんどなく、すぐにバッテリーがなくなることもあるので気を付けなければいけません。

中古でも安いとは限りません

中古スマホだからと言って、必ずしも安いとは限りません。中には新品で買うよりも高額なものもあったりするので、相場を調べておくことが重要です。

中古スマホの購入の魅力と買取ってもらいたいときの方法

携帯

中古でも人気がある

中古スマホは新品で購入するよりも安いものが多く、費用を抑えたい人などに人気があります。人気機種などは最新のものは値段も高いですが、少し前の型なら中古でも安く手に入ります。そのため、ある程度のスペックがあればいいなら、とても経済的なものです。

男性

良い販売店の見極め方

中古スマホは故障したときなど、メーカーや携帯電話会社の保証を受けられません。そのため独自の保証サービスを行っている、販売店を選ぶことが大切です。購入から2,3か月は故障した際に交換・返金を行っているところは、それだけ取扱商品に自信があるということなので良い販売店といえます。

スマホ

使っていないスマホがあるなら売るといい

使っていないスマホも、家に置いておくと場所を取るだけになります。売れば多少でもお金にすることができるので、捨てるくらいなら売るようにしましょう。また古くなればそれだけ安くなってしまうので、いらなくなったらすぐに売ることが大事です。

女性

買取方法もいくつかある

いらなくなったスマホを売る際には、店頭で買取してもらうだけでなく郵送で買取してもらう方法もあります。家の近くに買取店がなかったり時間に余裕がない場合などは、郵送買取も有効的です。郵送買取の場合には査定額に納得いかない場合、返送には費用を負担しなければいけなかったりするので注意が必要です。

[PR]
iphoneを中古価格で販売中!
本体購入にかかる費用を節約☆

査定で高値が付きやすいスマホの特徴ランキング

スマホを持つ人
no.1

新しい機種であること

新しいものはスペックも高性能であったり、OSも最新のものであったりするので高くなります。

no.2

人気機種であること

型落ちであっても人気機種であれば、傷などがあってもきちんと動けば高額な査定になりやすいです。

no.3

きれいな状態であること

中古スマホでも状態がきれいであるものと傷だらけなものでは、きれいなもののほうが高額です。

no.4

付属品がついていること

箱やケーブルなどの付属品があると、査定も高くなる傾向があります。そのため付属品は捨てずに、しっかりと保管しておくことが大切です。

no.5

使わないなら別売りのアクセサリもつける

純正品以外でも卓上ホルダなどを、追加で購入することがあります。このようなアクセサリも使わないのであれば一緒に査定に出すことで、高値がつきやすくなります。

[PR]
中古スマホの販売店をピックアップ☆
本体の購入価格を節約しよう

子供スマホのおすすめプランを公開中

[PR]
スマホの買取専門店を厳選公開
宅配サービスが利用可能♪